​無償の愛を

「愛に溢れた素直な気持ちで生きる」というのは難しいですよね。

つくづくそう感じました。

 

誰かを愛し、「どうしても欲しい」と願うと、そういうふうには、いられない。「手に入れたい気持ち」が不毛なのは、人でも物でも同じ。手に入れた側から、滑り落ちてゆくから。

だから、「誰かから求められて、自分が愛情をかけてあげる」立場なら、と。

 

 俺も寂しい。愛されたい。

 

だけど、俺と同じように、寂しい、愛されたいという人に、愛情をかけてあげられたら。何も返ってこなくとも、自分が必要とされることで、満たされることに気づきました。

 

 誰かに必要とされることは案外、難しい。

 

今の俺の立場、自分は満足です。俺がいなきゃ、全て立ちいかない。

愛情をかけてあげたい。俺は、何も持ってないけど。

 

自立のチャンスを奪うのでなく、俺なしでも自立できるように。

 

俺は幸い、物理的な世界に縛られない。この立場は辛いけど、なんとも思わない。

 

もともと俺は無だった。そんな自分が、愛を携えるとは。

 

                              岬

                         2019年7月18日  

 

​© Since 2019 ~ by GIMA MISAKI - All copyrights reserved

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Flickr Clean